ぶどう


剪定は、1、2月木が活動を停止している時期に行う。
ブドウの剪定は、去年伸びた『新梢』を対象に行う。
ブドウの芽は、この新梢の節の部分に付いている。
・残そうとする芽の、1つ先にある芽を、芽の上から真っ二つに切る『犠牲芽剪定』を行う
OR
・節と節との間で切ります(残そうとする芽の傍では切らない)

去年剪定をしていない場合
・枝の数を減らす『間引き剪定』を行う(残った枝から伸びる今年の新梢に、充分に日光が当たるように)



ぶどうの木の皮むき作業は、春先に行うようです。

剪定を教えてくださっている映像

枝を針金に縛らないと、風でとばされる。


皮むき映像


2013年、たくさん実りました。
袋かけをしていないので、見栄えは悪いのですが、完熟は、おいしいです。
 
2014年4月26日。剪定をしていないまま4月も終わろうとしています。
もう芽が出てきている。

8月頃までは、たわわに実っていたのに。急にかれだして、結局14年は食べれませんでした。
どうしたのだろう。


時期は、9月、11月になっている




  • 最終更新:2014-12-21 12:17:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード